ちょこりーマン

年収400万円で家族4人ひっそり生活しています。住宅ローン3000万円必死に返済中!お金をあまりかけず、楽しい生活や笑いがある生活を心がけています。お時間ある時に「あ」でも結構ですのでコメント頂けたら嬉しいです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

株式投資を初めてする人の第一の壁

今回のテーマは『株式投資をしたいがやり方がわからない方』への記事になります。

 

【株式投資の第一の壁】

まず始めに株式投資ってどうやってするの??と言うお声をいただきます。

 

超簡単に箇条書き致しますので参考にしてみてください。

 

①証券会社に自分の口座を作る。

 

【楽天証券】口座開設キャンペーン | 楽天証券

はじめての方へ SBI証券が選ばれる理由

 

大手証券会社に口座を作成しなければいけません。上記の証券会社は筆者も口座を持っていますし、メジャーな証券会社です。

 

まだまだ、ほかに証券会社はございます。ただ、初心者の方はメジャーな証券会社に口座を作っておけば安心かと思います。

 

②ネット銀行もついでに開設しておく

 

楽天銀行(旧イーバンク銀行)|ネットバンク

住信SBIネット銀行

 

株取引を始めるには自分の銀行口座から証券会社の口座に一度現金を振り込まなければいけません。

楽天証券で口座を持ったのならば→楽天銀行を作るべきでしょう。

 

色々メリットがありますが、ここでは割愛させていただきます。

 

③銘柄選びの前に自分の投資したい銘柄にどうやって投資したらいいの??

 

ここが一番の壁になるでしょう。

スマホの楽天ページの画面を見てみましょう。

 

上記のように好きな銘柄または知っていいる企業などを表示させます。

 

そして注文ボタンを押します。

 

 

そうしたら、このような画面が現れますので、

 

初心者の方は現物買いを選択しましょう。

現物売りは理解してから始めましょう。

現物買いとは

株取引の現物買いとは何か 株取引における現物買いとは、証券会社に預けた現金(預託金といいます)で、売買する時点で買える分を、証券会社を通じて買うことを言います。 ... このように、現物買いとは、証券会社にお金を預けた金額の中から、株数×株価+手数料で、株式を購入することを言います。

 

そしたら購入する株数を入力します。たいてい100株からです。

 

800円の株価でしたら800円×100株=80000円の入金が必要です。

 

この場合は84100円入金が必要になります。

 

次に指値で自分が欲しい金額を入力します。

 

最後に注文ボタンを実行させます。

 

この作業であなたも株主になれます。すごく簡単に説明いたしました。

 

まだまだ覚えないといけないことがありますが、初心者の方はこの作業を必ずマスターしてください。

 

【銘柄選びが重要】

初心者の方はまずどんな銘柄があってどんなところに投資したらいいかわかりません。

 

まずはいつも使用しているスーパーだとか、吉野家に行っているんであれば、そこの株を購入することをお勧めします。

 

お店に行って雰囲気がいいとか、このサービス便利だな!と思うことがあれば、それはみんなが便利だと感じてそこの企業は成長していきます。

 

成長したら株価も連動して上昇するのであなたの資産運用にも成果がでるでしょう。

 

初心者の方が登録されている、銘柄選びのお助けツールがあります。

【クオンテックス】

になります。

上記の会社の内容として

 

QuantXは、膨大な日本株銘柄の中で、「値上がり・値下がりする銘柄」を予測する
アルゴリズムを購入・利用できるサービスです。
アルゴリズムを使用することにより、高パフォーマンスな投資を実現することが可能です。

 

▼サービスの強み
1.高いパフォーマンス
投資対象とマーケットシナリオを考慮したアルゴリズムにより、
既存の積立やロボアドに比べ、高パフォーマンスの投資が可能です。

2.下落リスクを予測
過去データを活用した多方面による検証、ポートフォリオを考慮した投資対象の選別・分散により、
リスクの見える化や軽減を実現できます。

3.すぐに利用開始が可能
ご利用には、面倒な手続きや個人情報の提出は不要です。
申し込みいただいた日から、すぐにご利用いただけます。

 

このような内容から注目されています。

 

特に株式投資を行う上で一番重要なことは株価下落に対して作戦を練っているかだと思います。

 

いい面と悪い面を情報提供してくれているので、人気があるのだと思います。

 

似たようなサイトはいくつかありますが、高額すぎて初心者には向かないと思います。

情報提供するから5万円ね!など言われても高すぎて嫌だと思いますし、また詐欺のような感じのサイトも多くありますので絶対に注意が必要です。

 

上記の会社に関しては500円からの情報提供になっていますので、安心して取り組めるかと思います。

 また、日経新聞などのメディアに掲載されていますので、ご覧になってください。

 

ホームページも掲載しておきますのでお時間ある時にどうぞ。

 

今なら会員登録でクーポンゲットできるみたいです。期限があるので注意お願いします。このクーポンは筆者が記事を書いている時にやっているキャンペーンになりますので、ずっと行っているキャンペーンではないことをご了承願います。