ちょこりーマン

年収400万円で家族4人ひっそり生活しています。住宅ローン3000万円必死に返済中!お金をあまりかけず、楽しい生活や笑いがある生活を心がけています。お時間ある時に「あ」でも結構ですのでコメント頂けたら嬉しいです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

リアル店舗がネットに唯一対抗できる対策~まずはお金をかけずに集客してみる

今回はリアル店舗がネット販売店舗にどのように勝つか!をお伝えします。

 

現在もこれからも、インターネットの普及により、リアル店舗が淘汰されるスピードが速まっているように感じます。

 

リアル店舗の悩みとこれからの課題について解説していこうと思う。

 

f:id:houseofplan:20190716162000j:plain

リアル店舗の現状

 

これまで、リアル店舗に求められてきた事は多くの商品があり、その中でお客様が商品を選ぶ楽しさを提供してきました。ただ、インターネットの普及によりネット上に莫大な数の商品を手軽に見れる事ができる時代になった今、リアル店舗ではネットの商品数には対抗できなくなりました。

 

また、価格に関しても、人件費がかからないネットに軍配が上がっています。

 

そして、ダラダラとリアル店舗の売り上げが減っている事が現状になります。

みなさんも、この構図は小売店にいる従業員であれば、感じている事でしょう。

 

リアル店舗で売り上げ好調なお店の特徴

ここは従業員で何とかするレベルではないが、好調なお店と言うのは、まず集客がうまくいっている事は間違いないが、ある特徴がある。

 

 

それは、「プライベートブランド」を持っているお店だ。

その店舗にしか売っていない商品だったり、そこに行かないと手に入らない期間限定商品だったりをうまく活用しています。

 

「ナショナルブランド」での販売は必ず、価格競争に負けてしまう。なので、セールを行い集客をするが利益を自ら減らし自滅していく。

 

特に、「プライベートブランド」の活用がうまい企業はニトリや無印良品、ユニクロだ。

 

各社、オリジナル商品を展開し、ブランディング化を行い集客する。この構図が今現在も確立しているから、大企業になったわけだ。

 

ここからが問題だ。プライベートブランドを持っていないお店はどうしたらいいのか??

 

PBを持っていないお店はどうしたらいいのか?

 

プライベートブランドを持っていないお店は淘汰されるのを待つのか??

 

いや!そうではないと思います。まだまだ、やれる事はたくさんあります。

 

集客について

 

集客イベントを打つ方法がある。

 

集客イベントってどうやるの?などの質問が経営者や店長などから声が聞こえるが、

 

ワークショップを開催すればいい。

 

すなわち、ネットやその他の企業がやっていないワークショップだ。

 

例えば、DIYが流行っているのであれば、DIYを手軽に体験できる、木工作品を作ったり、壁紙を貼る体験をお客様に提供する。

 

体験や・体感を売りにすれば必ず、お客様は少なからず、集まる。前年何もやっていなければ、効果はあるだろう。

 

そして、飲食店であれば、新商品の試食をエンターテイメント的な要素で提供する。

ネットではできない事だ。

 

 

ナショナルブランドの商品の組み合わせアイディアを提供

 

ここは従業員の知恵が必要になってくるが、どんな商品でも、世の中に生まれるという事は、エンドユーザーの悩みや、快適を提供しようとの思いで、商品は開発されて出てくる。

 

そのコンセプトを忠実に売り場に再現させることは、いつもやっている事であろう。

 

ただ、これからは「+1のアイディアが必要になってくる」

 

「えっ!?この商品はこんな使い方もできるんだ!便利だな!」とお客様に思わす事が重要になってくる。

 

なので従業員は「+1ノアイディアをお客様に提供しよう」

 

初めは難しいかもしれないが、SNSで使い方を真似してみて売り場で表現すればいいだけ。

 

お客様がそのSNSを知らなければ、驚きと発見をそのお店で見つける事ができるだろう。

 

 

エンターテイメント性を持った店舗作りをしよう

 

ディズニーランドがいい例だ。エンターテイメント関連で全国から、お客様が集まる。

 

遊園地などが小売店のようにドミナント戦略など立てているだろうか??

 

ずっと一か所で営業しているではありませんか??

 

それは、体験・経験・思い出をお客様に提供できているからだと思います。

 

ましてや、そのお店に入るだけで、高額な入場料を払い、またその中でも高額な飲み物や食べ物、土産なのが売られている。

 

それなのに、また行きたいと思わせる事ができる。

 

これは完全にお客様の要望を満たしている。

 

このような感覚を小売店でも再現する。

 

このようなエンターテイメント性があるリアル店舗は必ず生き残ると思います。

 

 

 

まとめ

 

これから、小売店は何か特徴がなければ、生き残れない時代になってきます。

 

また、自分が働いているお店の強みなんですか??

 

と聞かれた場合、答えられない状態だと沈没するであろうと考えます。

 

強みがなければ、他の会社にとって代わられます。

 

各従業員も自社の強みを理解して働けば、おのずと強い会社になっていくでしょう。

 

最後に少しでも楽しかった、面白かったなどの感想をお持ちでしたら、

 

読者登録していただければ、励みになります( ;∀;) 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓